​中 村 未 弓

​臨床心理士/公認心理師

ABOUT ME / SKILLS:

平塚市の小児アレルギークリニック外来で「Mothers room」を創設し、母親自身の悩みや子育て支援を行う。

またプレイセラピーも行い、子どもの支援に医師と協働しながら長年従事する。

その間、9年間小田原市の小中学校のスクールカウンセラーとして、また15年間横浜市の公立保育園に訪問し保育臨床にも携わる。

小中学校では、生徒、保護者、先生方の支援、保育園では園児の発達、保護者、保育士の支援に注力する。

また地域臨床にも力を入れ、居場所支援、学習支援を長らく行い、多くの居場所のない子どもたちの受け皿となる。

2016年にこれまでの経験をもとに「親と子・保育士さんのためのカウンセリングオフィスビオラボ」を地元平塚の地に開室する。

当オフィスにて乳幼児から高齢の方々まで非常に幅広く支援を行う。

さらに平塚市と連携し、保育士の支援にも力を注ぐ。

 

講演依頼も幅広く、スイミングスクール、地元コミュニティ、小中学校での講演を行う。

近年では保育園、保育士のための講演も多数行う。

​EDUCATION:

横浜国立大学大学院教育学研究科 学校教育臨床専攻 臨床心理学コース修了

​飯 野 晴 子

​臨床心理士/公認心理師

ABOUT ME / SKILLS:

都内の区立教育相談所や大学病院の小児科、総合病院の小児科専門外来に勤務し、心理療法や心理検査を多数担当。また保護者向けのガイダンスや専門職へのコンサルテーションなども担う。

現在は大学の保健センター内の精神科や児童精神科クリニックに勤務し、学童期から大学生の心理療法、心理検査をおこなっている。特に発達障害を抱える子どもや成人の心理検査やケアを多数担当している。また、その子の特性に合わせた学習支援も行っている。子育て中の保護者への心理療法や心理教育も担当している。

精神分析的心理療法を学んでいるが、精神分析的理論をもとに来室いただいた方に合わせた支援も行っている。

​EDUCATION:
横浜国立大学大学院教育学研究科 学校教育臨床専攻 臨床心理学コース修了

PUBLICATION:

『小学生の診察のポイント』精神科第40巻第6号 科学評論者(共著)

『海外の大学におけるCOVID-19パンデミック下での学生支援』CAMPUS HEALTH 59(1)(共著)

『こころに寄り添うということ 子どもと家族の成長を支える心理臨床』金剛出版松谷克彦・吉沢伸一(編)(第2部第6章『共同注意の重要性−乳児期と思春期との関連−』pp.67-75 担当)

『発達障害・被虐待児のこころの世界-精神分析による包括的理解』岩崎学術出版社木部則雄(監訳)(第1章、第2章、第3章 の翻訳担当)

『子どものこころの生きた理解に向けて-発達障害・被虐待児との心理療法の3つのレベル』金剛出版 脇谷順子(監訳)(第3章、第10章の翻訳担当)